コンテンツにスキップする

ユーロ圏総合PMI:12月は54.3に上方修正-堅調な景気拡大示唆

ユーロ圏では2015年12月に経済活動の拡大ペースが先の見積もりに反して加速した。域内経済は堅調な景気拡大局面に入り、需要増への対応で企業が生産能力を拡大する可能性を示した。

  英マークイット・エコノミクスが6日発表した、製造業とサービス業を合わせた12月のユーロ圏総合購買担当者指数(PMI)改定値は54.3と、11月の54.2を上回った。先月16日公表の速報値は54だった。

Manufacturing and Services

  PMIに基づくと、昨年10-12月(第4四半期)のユーロ圏経済は4年半ぶりの高成長だったことになるという。

  マークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「ユーロ圏経済は足元を固めて2016年に入っており、堅調に拡大する1年を送れる良い状況にある」と指摘。「とりわけ企業が雇用を増やしていることに勇気付けられる。これは企業が生産能力拡大を通じて向こう1年の需要増加に備えていることを示唆している」と説明した。

  ブルームバーグの調査によれば、欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が7日発表する昨年11月の域内失業率は約3年ぶり低水準の10.7%にとどまるとみられている。

  マークイットは、12月にドイツとイタリア、スペイン、アイルランドで雇用者数が増えたほか、フランスでは3カ月減少した後で横ばいとなったと指摘した。

  エコノミストらは、10-12月の域内成長率を0.4%と予想している。ユーロスタットは2月12日に10-12月期の域内総生産(GDP)速報値を発表する。

原題:Euro Area Set for Robust 2016 Growth as Orders Fuel Hiring (1)(抜粋)

(第4段落目以降に詳細やコメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE