コンテンツにスキップする

アジア株:3日続落-中国人民元の中心レート引き下げなど響く

6日のアジア株式相場は3日続落。中国経済をめぐる懸念が重しとなっている。

  MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時4分(日本時間同5時4分)現在、前日比0.9%安の127.23。中国人民銀行(中央銀行)が人民元の中心レートを引き下げたことを受け、日本の輸出関連銘柄が下落。米アップルが減産する可能性が一部で報じられたことを受け、同社に部品を供給する企業が売られた。

  北朝鮮が核実験を行ったことで地政学リスクも高まった。中国当局が株価下支えに乗り出したことを受け、中国本土株は上昇した。

原題:Asian Stocks Decline as Weak Yuan Fix Weighs on Risk Appetite(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE