コンテンツにスキップする

「スター・ウォーズ」最新作、中国では興行記録更新しない見込み

世界2位の映画市場である中国では、米ウォルト・ディズニーの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が記録破りの大ヒットとはならない見通しだ。同作品は週末9日に中国で公開される。

  野村ホールディングスは、スター・ウォーズ最新作は中国本土で広く上映され、最大15億元(約270億円)を稼ぐと推計。中国での映画興行収入は、昨年4月の「ワイルド・スピード SKY MISSION」による3億9120万ドル(約460億円)が過去最高。

  「スター・ウォーズ」シリーズは中国ではあまり知られておらず、ディズニーはマーケティング面で課題を抱えている。中国の映画興行収入は昨年48%増え67億5000万ドルだった。2017年にも世界最大の映画市場となる見通し。ディズニーは12年、それまで同シリーズを手掛けてきたルーカスフィルムを約40億ドルで買収した。

*T

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の興行収入上位市場

米国   7億5020万ドル
中国   2億3000万ドル(推計)
英国   1億4690万ドル
ドイツ    8330万ドル
フランス   7060万ドル
日本     5570万ドル
*T

原題:One Place ‘Star Wars’ Won’t Break Box-Office Record Is China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE