コンテンツにスキップする

中国株上昇、株価対策で落ち着き-CSI300指数が2週間ぶり大幅高

更新日時

6日の中国株式相場は上昇。CSI300指数が続伸し、約2週間ぶりの大幅高となった。当局は今年最初の取引となった4日に相場が急落したことを受けて相場下支えに乗り出している。
 
  CSI300指数は前日比1.8%高と、昨年12月21日以来の大幅上昇で終了。石炭会社の大同煤業(601001 CH)と陝西媒業(601225 CH)は共に値幅制限いっぱいの10%高。李克強首相が石炭業界の生産能力過剰問題に取り組む意向を示した。上海総合指数は前日比2.3%高と、先月14日以来の大幅上昇。

  珩生鴻鼎資産管理の戴明ファンドマネジャー(上海在勤)は「政府系の資金で株の買い入れが行われているとの見方が市場に広まっているが、それは相場下支えを意図したもので大幅な押し上げを狙ったものではない」と指摘。「株式相場は急落後、基本的に安定した。投資家は地合い改善につながる追加策を待っている」と述べた。

CSI 300's Wild Movement in Past Year

  香港株式市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比0.9%安、ハンセン指数が1%安で終了した。筆頭株主と経営権をめぐり争っている不動産開発の万科企業(2202 HK)はこの日、株取引が再開され、1年半ぶりの大幅安。一時14%下げ、終値は9.2%安となった。

原題:Chinese Stocks Gain for Second Day as State Revives Intervention(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE