コンテンツにスキップする

JPモルガンが57億円支払いでOCCと合意-差し押さえ手続きで違反

米銀JPモルガン・チェースは、住宅差し押さえ手続きに関係する違反を決着させるため、4800万ドル(約57億円)を支払うことで通貨監督局(OCC)と合意した。

  OCCの5日の発表によれば、同行は住宅ローン貸し付けに関係する手続きの不備をめぐる2013年の合意の条件に違反した。

原題:JPMorgan Pays $48 Million for Robosigning Faults in OCC Deal (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE