コンテンツにスキップする

中国金融界への調査続く-長江証券会長も対象、規律違反の疑いで

中国の中堅証券会社、長江証券の楊沢柱会長が共産党の調査を受けている。金融界の企業幹部や監督当局者に対する共産党や警察の取り調べが相次いでいる。

  長江証券は深圳証券取引所に6日提出した資料で、楊会長が「個人的な理由」で規律違反をした疑いがあるため調査対象となったと説明した。湖北省の共産党規律検査委員会から5日に受け取った通知で楊会長に対する調査が伝えられたという。同社の業務は通常通りだとしている。

原題:Chinese Brokerage Head Faces Investigation by Communist Party(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE