コンテンツにスキップする

米アップル株が下落-iPhone3割減産の見通しとの報道で

5日の米株式市場でアップルの株価が下落した。同社は今年1-3月に「iPhone(アイフォーン)」最新モデルの生産を約3割削減する見通しだと、日本経済新聞が報じた。

  アップルの株価は2.5%安の102.71ドルで終了。昨年は4.6%下落した。

  日経によると、アップルは当初、昨年9月に発売した「iPhone6s/6sプラス」の今年1-3月の生産量について、前モデルの「6/6プラス」の15年1-3月生産量と同水準と部品メーカーに伝えていた。在庫が圧縮されれば、4-6月に生産を元の水準に戻す見通しだという。

  アップル広報担当のクリスティン・ユゲ氏は日経の報道についてコメントを控えた。

  FBRキャピタル・マーケッツのマネジングディレクター、ダニエル・アイブス氏は「市場関係者は減産を見込んでいたが、これほどの規模となることはやや気掛かりだ。1-3月期が軟調となることを示している」と指摘した。

relates to 米アップル株が下落-iPhone3割減産の見通しとの報道で

原題:Apple Falls on Nikkei Report of 30% IPhone Production Cut (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE