コンテンツにスキップする

マンハッタンの集合住宅価格、昨年第4四半期に過去最高を記録

米ニューヨーク市マンハッタン地区の集合住宅価格は昨年第4四半期に過去最高を記録した。特に数年前の建設着工時に販売成約した高級新築物件の所有権の移転が完了し、住宅価格を押し上げた。

  ニューヨークの不動産鑑定会社ミラー・サミュエルとブローカーの ダグラス・エリマン・リアル・エステートが5日発表した資料によれ ば、昨年10-12月期のコンドミニアム(分譲マンション)とコープ住宅の販売価格(中央値)は115万ドル(約1億3680万円)と、27年間続く同調査で最高額だった。これまでの最高は2008年第2四半期の103万ドルだった。この後リーマン・ブラザーズ・ホールディングスが崩壊し、住宅市場も低迷した。

relates to マンハッタンの集合住宅価格、昨年第4四半期に過去最高を記録

  ミラー・サミュエルのジョナサン・ミラー社長は「この結果は2013年や2014年の住宅販売市場がいかに強気で、異常だったかを示している」と述べた。  

原題:Manhattan Apartment Prices Top Pre-Crisis Record on Luxury Deals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE