コンテンツにスキップする

中国の大連万達、米レジェンダリーの株式過半数取得へ-ロイター

  • 映画会社レジェンダリーを最大40億ドルと評価する取引に
  • 大連万達集団は中国一の富豪、王健林氏が率いる

中国一の富豪、王健林氏が率いる大連万達集団は米映画会社レジェンダリー・ エンターテインメントの株式過半数取得に向け協議している。ロイター通信が事情に詳しい関係者の話として報じた。関係者の氏名は明示していない。レジェンダリーの企業価値を最大40億ドル(約4800億円)と評価する取引になるという。

  万達は米2位の映画館チェーン、AMCエンターテイメント・ホールディングスの経営権をすでに握る。万達のレジェンダリー持ち分は株式全体の半数を若干上回る水準になり、合意が来週にも発表されるとロイターは伝えた。

  万達側はコメントを控えた。レジェンダリーの広報を担当するメリッサ・ズーカーマン氏もコメントしなかった。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、王氏の純資産は推計339億ドル。

原題:China’s Wanda in Talks to Buy Legendary Stake, Reuters Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE