コンテンツにスキップする

香港上場の中国本土株は下落続く公算、5日が重要-デマーク氏

昨年の中国株下落を言い当てたトーマス・デマーク氏は4日、1995年以来最悪の年初スタートとなった香港上場の中国本土株、いわゆるH株がさらに下げる可能性があるとの見方を示した。

  デマーク・アナリティクスの創業者であるデマーク氏はニューヨークでのブルームバーグとのインタビューで、「5日が極めて重要」だと指摘。香港のハンセン中国企業株(H株)指数が安く始まり、4日の日中安値を下回って推移すれば、「大きな下向きリスクが生じる」と述べた。
 
  同氏によれば、こうした条件がそろえば、H株指数は7933まで下落すると予想される。これは4日の終値を約15%下回る水準。

原題:DeMark Sees ‘Big Risk’ That Chinese Stocks Will Retreat Further(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE