コンテンツにスキップする

1月5日の欧州マーケットサマリー:株反発、周辺国債が上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0745   1.0831
ドル/円            119.00   119.44
ユーロ/円          127.87   129.37


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   358.88     +2.22     +.6%
英FT100      6,137.24   +43.81     +.7%
独DAX      10,310.10   +26.66     +.3%
仏CAC40     4,537.63   +15.18     +.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .38%        -.02
独国債10年物     .54%        -.03
英国債10年物     1.87%       .00


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,077.00    -5.25     -.49%
原油 北海ブレント         36.50      -.72    -1.93%

◎欧州株:反発、資源銘柄高い-最悪の年明けだった下げの一部埋める

5日の欧州株式相場は反発。前日は最悪の年明けとなったが、この 下げを一部埋める展開となった。

資源銘柄の上昇率は1.8%と、業種別指数の中で首位となった。ス イスの資源商社グレンコアと鉄鋼大手アルセロール・ミタルの上げが目 立った。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.6%高の358.88で取引を終 了。寄り付き後の10分間で1.1%上げた一方、0.5%下げる場面もあっ た。前日は1カ月ぶりの大幅安だった。中国株急落で同国の景気減速が 世界的な回復を妨げるとの懸念が再燃したためだ。

ドイツのDAX指数はこの日、0.3%値上がり。前日は昨年8月以 降で最もきつく下げていた。

ミラボー・セキュリティーズ(ジュネーブ)のシニア株式トレーダ ー、ジョン・プラサード氏は「単なる押し目買いだ」とし、「資源銘柄 が反発した。前日に大きく下げたことから、投資家らは買う機会を模索 していた」と述べた。

個別銘柄では、英小売り企業のホーム・リテール・グループが41% 急騰。同社に買収打診をしたが拒否されたと、同業のJセインズベリー が明らかにしたことが材料。セインズベリーは5.2%下落。買収打診に ついて発表後、8.1%上げる場面もあった。

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の優先株は 4%安。排ガス規制を逃れる目的で違法なソフトを利用したとして、米 司法省は同社を相手取り民事制裁金の支払いなどを求める訴訟を起こし た。ポルシェ・オートモービル・ホールディングは2.1%下げた。

原題:Europe Stocks Rebound With Miners After Worst-Ever Start to Year(抜粋)

◎欧州債:ドイツのインフレ期待を示す指数が低下-周辺国債は上昇

5日の欧州債市場では、ドイツのインフレ見通し低下が浮き彫りと なった。

昨年12月のユーロ圏インフレ率がエコノミスト予想を下回ったこと から、10年先のインフレ期待を示すドイツ10年物普通国債とインフレ連 動債の利回り格差(ブレークイーブンレート)は縮小。同国のインフレ 見通しが4カ月ぶりの低い水準となったことを示した。

一方、イタリアやスペインなどの周辺国債は上昇した。弱いインフ レ見通しは、2%弱のインフレ目標達成を責務とする欧州中央銀行 (ECB)への圧力を強める可能性があるためだ。ECB当局者は見通 し悪化への懸念の高まりを受け、12月に緩和策を拡大した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーランド・ グリーン氏は「乏しいインフレ圧力など、目先の域内要因が欧州債を総 じて支える状況にある」とし、「当社は周辺国債を引き続き選好してい る。ECBが緩和的な政策を維持していることが主な支援要因だ」と語 った。

ロンドン時間午後4時35分現在、ドイツの10年物国債とインフレ連 動債のブレークイーブンレートは5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下の0.95%。これは先月11日以来の大幅縮小で、8月以来 の低水準となった。

イタリア10年債利回りは前日比5bp低下し1.50%。前日までの2 営業日で8bp下げていた。同国債(表面利率2%、2025年12月償還) 価格はこの日、0.44上げ104.62。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)が5日発表したユーロ 圏の12月消費者物価指数(CPI)速報値は前年同月比0.2%上昇。ブ ルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値では0.3%上昇が見 込まれていた。コアインフレ率は0.9%で前月から変わらず。

原題:Inflation Outlook From Bonds Falls to Four-Month Low in Germany(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE