コンテンツにスキップする

1月4日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が2カ月ぶり高値-中国株安やサウジ・イランの緊張で

4日のニューヨーク外国為替市場では円とドルが上昇。中国株の下 落やサウジアラビア・イラン間の緊張の高まりを受け、安全資産を求め る動きが強まった。

主要通貨ではブラジル・レアルの下げが目立ったほか、ニュージー ランド(NZ)ドルやオーストラリア・ドルも下落。昨年12月の中国財 新製造業購買担当者指数(PMI)は、予想に反して3カ月ぶり低水準 に低下した。サウジアラビアはイランとの外交関係を断絶。前日にはイ スラム教シーア派の著名な聖職者の処刑に反発する群衆がイランの首都 テヘランでサウジ大使館を襲撃した。そうした中で円とドルは買い進ま れた。

バンク・オブ・ノバスコシアのチーフ為替ストラテジスト、ショー ン・オズボーン氏は「中国株の下落を受けて円に逃避の買いが入ってい るのは間違いない。ドルにも一定の質への逃避が見られる」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円はドルに対し前営業日比0.9% 高の1ドル=119円44銭。一時118円70銭と、昨年10月15日以来の高値を 付けた。対ユーロでは1.3%上げて1ユーロ=129円37銭。ドルは対ユー ロで0.2%高の1ユーロ=1.0831ドル。

昨年12月は、世界の景気回復ペースに対する懸念が広がる中で円の パフォーマンスが3カ月ぶりにドルを上回り、ユーロは4月以降で最大 の上げとなった。この日の動きも概してこれに沿った動きとなった。

ハンス・レデカー氏らモルガン・スタンレーのストラテジストは、 電子メールのリポートで「外国為替市場には注目が集まっている。その 背景には、サウジアラビアがイランとの外交を断絶したことに伴う両国 間の緊張の高まりだけでなく、世界的に見て発表されるデータが弱く、 需要不足や過剰生産能力が2016年も引き続きトップのテーマになること が示されている状況も影響している」と指摘した。

リポートでは、円やドル、ユーロ、スイス・フランといった資金調 達通貨が恩恵を受ける一方、トルコ・リラや南アフリカ・ランド、豪ド ル、NZドルといった原油以外の資源の生産国の通貨は下落すると予想 している。

豪ドルは1.5%安の1豪ドル=0.7191米ドル。NZドルは1.9%下落 し1NZドル=0.6752米ドル。ブラジル・レアルは2%下げた。

サウジアラビアによるイランとの外交断絶により、両国の関係 は1980年代後半以降で最悪の状態に陥った。両国間の緊張のエスカレー トは、既に難航しているシリアの内戦終結に向けた取り組みにマイナス となる可能性が高い。

クレディ・スイス・グループの為替ストラテジスト、アルビーゼ・ マリノ氏は「ドル・円相場は、市場での全般的なリスクオフの動きが手 掛かりとなっているだけだ」とし、「起き抜けに聞くニュースとしては かなり耳障りな内容だ。リスクの高い資産を買いたいと思わせるような 環境を作り出すものではない」と続けた。

原題:Yen Reaches 2-Month High on China, Saudi Tension as Dollar Rises(抜粋)

◎米国株:大幅安、中国の成長懸念が再燃-15年ぶりの悪い年明け

4日の米株式相場は大幅安。S&P500種株価指数は年明け初日と しては15年ぶりの悪い成績となった。中国株の急落を受け、同国の景気 減速は世界の経済成長を弱めるとの懸念が再燃した。

中国の製造業購買担当者指数(PMI)が活動縮小を示し、世界的 な株安となった。米供給管理協会(ISM)が発表した12月の製造業総 合景況指数はここ6年余りで最も速いペースで縮小し、中国の景気減速 が波及しているとの懸念が強まった。サウジアラビアとイランの緊張が 高まっていることも不安材料。

S&P500種株価指数は前営業日比1.5%安い2012.66で終了。一時 は2.7%下げる場面もあったが、終盤の30分で下げ渋った。ダウ工業 株30種平均は276.09ドル(1.6%)安の17148.94ドルで終えた。ナスダ ック総合指数は2.1%下落。シカゴ・オプション取引所(CBOE)の ボラティリティ指数(VIX)は14%上昇と、3週間ぶりの大幅な伸 び。

ジョーンズトレーディング・インスティチューショナル・サービシ ズのチーフ市場ストラテジスト、マイケル・オローク氏は「米国から悪 材料が数多く出ている上、中国は今年を通じて強気になれる材料が多く ないことをあらためて示している」と指摘。「強気相場は景気拡大、収 益改善、金融緩和政策という三つの要素が原動力だったが、景気拡大過 程でそのうちの二つを失った」と述べた。

中国では製造業活動の悪化を背景に、CSI300指数が前営業日比 7%安となり、取引が停止された。昨年夏の株価急落時に前例ないの規 模で株価浮揚策を講じた中国当局は、金融市場の荒い値動きが経済を圧 迫するのを回避しようとしている。

1927年までさかのぼれるブルームバーグのデータによると、S& P500種は過去6番目に悪い滑り出しとなった。最も悪かったのは1932 年の6.9%安で、2番目はドット・コム・バブル崩壊の渦中にあっ た2001年の2.8%下落だ。この2例の場合、通年では平均14%下落し た。ただ、年明けの成績がワースト5の場合、通年では平均5.1%上昇 している。

S&Pダウ・ジョーンズの指数は、取引初日の動向が通年の成績を 全く予測できていないことを示している。データによると、S&P500 種が取引初日と同じ方向で年を終えたのは50.6%だった。1月の成績は もっと予測の精度が高く、72.4%の確率で同じ方向で年を終えている。

2015年のS&P500種は最高値を更新する一方で4年ぶりの大幅安 も経験し、結局は0.7%安で終えた。昨年の投資家心理は利上げに耐え 得るほど景気は強いという楽観的な見方と、中国の景気減速が世界経済 に悪影響を与えるとの懸念の間で揺れ動いた。中国をめぐる懸念は商品 価格や素材株の下落をあおった。

ロバート・W・ベアードの株式部門バイスチェアマン、パトリッ ク・スペンサー氏によると、サウジとイランの緊張が高まっていること もこの日、不安をあおった。同氏は「中東懸念に加え、中国の問題深刻 化は全て短期的な弱さにつながっている」と指摘。その上で「見通しは 引き続きまずまずのようで、特に消費と住宅市場の改善に絡んだ分野で は軟調な場面を利用して選別的な買いを入れるべきだ」と述べた。

S&P500種では全10セクターが下落した。特にヘルスケアや選択 的消費株の下げがきつかった。マイクロソフトやアルファベット、フェ イスブックが安い。ナスダック・バイオテクノロジー指数は3.2%下 落。

金融株はJPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴを中心に下 げた。金融株指数を構成する87銘柄のうち83銘柄が値下がりした。

この日の取引では2015年の勝ち組と負け組の一部が入れ替わった。 昨年、けん引役だったネットフリックスやアマゾン・ドット・コムが大 幅安。一方、昨年の下落銘柄で上位だったチェサピーク・エナジーやコ ンソール・エナジーはこの日、大きく上げた。

S&P500種のエネルギー株指数はこの日、0.2%安と、最も下げが 小幅だった。

個別の企業ニュースで動いた銘柄としては、製薬会社バクスアルタ が5.5%上昇し、最高値を更新。アイルランドの製薬会社シャイアーが 同社を現金と株式合わせて約320億ドル(約3兆8500億円、債務を除 く)で買収する交渉を進めていると、ブルームバーグ・ニュースが報じ た。

病原性大腸菌やノロウイルスの感染問題に揺れるチポトレ・メキシ カン・グリルは6.5%下げ、約2年ぶりの安値。アナリストは2016年が 厳しい年になると予想した。

原題:U.S. Stocks Tumble After Selloff in China Renews Growth Concern(抜粋)

◎米国債:上昇、世界的に債券高-米中の統計で逃避需要

4日の米国債相場は2週間ぶりの大幅高。この日は世界的に国債が 買いを集めた。米中で発表された製造業統計が低調な内容だったことが 嫌気され、株価は大きく下げた。

世界的な株安を背景に、比較的安全とされる国債の需要が高まっ た。米10年債利回りは12月17日以来で最も下げた。イランとサウジアラ ビアの緊張が高まっていることも逃避を促した。昨年12月の米製造業活 動はここ6年余りで最も速いペースで縮小した。中国の製造業も落ち込 んだ。

TDセキュリティーズの米金利ストラテジスト、ジェナディ・ゴー ルドバーグ氏(ニューヨーク在勤)は、「市場参加者はこのような一年 の始まりをまったく予想していなかった」と述べ、「今年はどこまで米 利上げが可能になるのか、投資家は見通しを大幅に見直そうとしてい る」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比3ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)下げて2.24%。同年債(表面利率2.25%、償還2025 年11月)価格は7/32高の100 2/32。

先物市場は米金融政策当局が4月の会合かそれ以前に追加利上げを 決定する確率を56%として織り込んでいる。

2年債に対する10年債の上乗せ利回りは1.20ポイントと、昨年2月 以来の最小となった。成長減速とインフレ抑制を背景に、投資家は長期 債を選好している。

4日の中国株式相場は大幅下落。同国のCSI300指数が前営業日 比7%安となったことを受け、サーキットブレーカーが発動し取引が停 止された。中国国家統計局が1日発表した昨年12月の製造業購買担当者 指数(PMI)で製造業活動が予想以上に縮小したことが嫌気された。

原題:Treasuries Extend Global-Debt Rally on China, U.S. Growth Worry(抜粋)

◎NY金:2週間ぶり大幅高、世界的な株価下落や中東情勢緊迫で

4日のニューヨーク金先物相場は2週間ぶりの大幅高。世界的な株 式相場の下落や中東での緊張の高まりで、安全逃避資産に資金を回帰さ せる動きが強まった。

ザナー・グループ(シカゴ)のシニアバイスプレジデント、ピータ ー・トーマス氏は電話インタビューで、「中東情勢が激化すれば、金は 今後2-3週間のうちに昨年の下落分すべてを取り戻す可能性がある」 と指摘。「明らかに、中国の減速は本物だ。金と銀が生産コストに近い 水準となるのに伴い、悪い投資先ではないとの見方が出ている」と述べ た。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前営業日 比1.4%高の1オンス=1075.20ドルで終了。昨年12月21日以来の大幅上 昇となった。昨年は10%値下がりした。

銀先物3月限は0.3%高の13.841ドル。ニューヨーク商業取引所 (NYMEX)のパラジウムとプラチナは下落した。

原題:Gold Rises Most in Two Weeks on Equities Drop, Mideast Tensions(抜粋)

◎NY原油:下落、供給超過への懸念が地政学リスクを上回る

4日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミデ ィエート(WTI)先物は下落。サウジアラビアとイランとの間で緊張 が高まったことを受けて一時は上昇していたが、世界的な供給超過に対 する懸念が勝った。米エネルギー情報局(EIA)によれば、2014年の 世界原油生産のうち中東が占めたのは約30%だった。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「地政学的リスクは少し 誇張されている」と話す。「市場は弱い需給ファンダメンタルズに焦点 を絞っている。地政学的な緊張よりも供給超過の方が重い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前営 業日比28セント(0.76%)安い1バレル=36.76ドルで終了。ロンドン ICEのブレント2月限は6セント下げて37.22ドル。

原題:Crude Oil Declines as Global Glut Outweighs Middle East Tensions(抜粋)

◎欧州株:下落、過去最悪のスタートに-中国懸念が再燃

4日の欧州株式相場は大幅安。中国株急落で同国の景気減速が世界 的な回復に悪影響を及ぼすとの懸念が再燃したほか、サウジアラビアと イランの緊張の高まりが市場センチメントをさらに冷え込ませた。

指標のストックス欧州600指数は前営業日比2.5%安の356.66と、過 去最悪の年初となった。業種別指数の中では自動車株の下落率が最も大 きかった。ドイツのDAX指数は4.3%安と、昨年8月以来のきつい値 下がり。この日の中国株は7%安と急落し、サーキットブレーカーが発 動され取引停止となった。昨年12月の製造業購買担当者指数(PMI) で、製造業活動の5カ月連続縮小が明らかになったことを嫌気した。

EFGアセット・マネジメントの調査責任者、ダニエル・マリー氏 (ロンドン在勤)は、「仕事始めとなったこの日、よい幕開けとはなら なかったのは明らかだ」とし、「この日は2つの要因が極めて強いネガ ティブなセンチメントをつくった。昨年末が例外的に弱かったことと、 中国市場がひどかったためだ」と語った。

独DAX指数の構成銘柄では公益事業株と自動車株が大きく下げ た。ドイツの12月インフレ率は予想に反して低下し、電力料金が値下が りした。自動車メーカーのダイムラーは5.1%安、タイヤメーカーのコ ンチネンタルは4.1%下げた。

個別銘柄では、アイルランドのシャイアーは5.2%下落。事情に詳 しい複数の関係者によると、米バクスアルタを約320億ドル(約3 兆8200億円)で買収する交渉を進めており、協議は進展した段階にあ る。

原題:European Stocks Post Worst Start to a Year as China Rout Spreads(抜粋)

◎欧州債:ドイツ中心にユーロ圏の国債が上昇-根強い低インフレで

4日の欧州債市場ではドイツを中心にユーロ参加国の国債が総じて 上昇した。中国経済や中東情勢を発端とした株安に加え、ドイツでイン フレが鈍化したことが背景にある。

ドイツ長期債の利回りが短期債よりも大きく下げたことから、利回 りカーブは3営業日ぶりにフラット化に向かった。この日発表されたド イツの昨年12月のインフレ率は0.2%に低下して事前予想の0.4%に届か ず、国債の魅力が高まった。

欧州中央銀行(ECB)は年末年始休暇のため12月22日に停止した 量的緩和(QE)プログラム下での債券購入をこの日再開する予定で、 これも国債相場の支援要因となった。

キャンター・フィッツジェラルドの債券ストラテジスト、オーウェ ン・カラン氏(ダブリン在勤)は「中国株は再び混迷している」と発 言。「ドイツのインフレ率は弱く、ECBが2017年まで資産購入計画を 完全実施するとの見方を支えている」とも述べた。

ロンド時間午後4時25分現在、欧州債の指標とされるドイツ10年債 利回りは前営業日(12月30日)比6ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下の0.57%。同国債(表面利率1%、2025年8月償還)価 格は0.605上げ104.055。

ドイツの30年物国債利回りの5年物国債に対する利回り上乗せ幅 (スプレッド)は4bp縮小し148bpとなった。

原題:German Bonds Rise With European Peers as Slow Inflation Persists(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE