コンテンツにスキップする

ウィーン氏びっくり10大予想:米利上げ年内1回、中国成長5%未満

更新日時
  • 米10年債利回りは2.5%を下回るとブラックストーンのウィーン氏
  • 原油は30ドル台に低迷、ドルは対ユーロで下落すると予測

米ブラックストーン・グループのバイロン・ウィーン氏は毎年恒例の「びっくり10大予想」を公表。米国株は昨年に続き下落、米10年債利回りは2.5%未満にとどまり、米大統領選ではヒラリー・クリントン氏が勝利すると予測した。

  ウィーン氏は利幅縮小圧力による企業業績悪化に加え、バリュエーション(株価評価)低下が米国株を押し下げると指摘。一方、株安と弱い経済状況が米国債を下支えすると説明した。同氏は昨年の10大予想で、米国債利回りは横ばいになり、米国株は海外の株のパフォーマンスを上回ると予測。米国債の予想は的中したが、米国株は外していた。ウィーン氏はブラックストーンのマルチアセット投資部門副会長。1986年から10大予想を公表している。

  ウィーン氏はブラックストーンのウェブサイトに掲載された発表文で、「弱い米経済とソフトな株式市場を根拠に、海外投資家は米国株保有を減らす」と説明。「さらに米大統領選で激しい選挙戦が予想されるため政策目標が定まらず、混迷は一段と深まるだろう。ドルは1ユーロ=1.20ドルまで下がる」と述べた。

  ウィーン氏は、クリントン氏(民主党)が共和党のテッド・クルーズ上院議員との一騎打ちで勝利し、民主党は上院の多数派を奪回すると予想。そのほか、今年の米利上げは1回だけで上げ幅は0.25ポイントになり、中国では銀行がトラブルに見舞われ、成長率は5%を切ると予測した。原油は1バレル=30ドル台に低迷するとした。

原題:Byron Wien Sees Weak Stocks, Clinton Victory in ’16 Predictions(抜粋)

(予想を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE