コンテンツにスキップする

カタルーニャ州で再選挙の可能性、マス首相に支持集まらず-スペイン

  • マス首相代行は必要な支持を確保できず再選挙実施を迫られる可能性
  • 与党は別の首相候補を検討すべきだとCUPの議員が発言

スペイン東部カタルーニャ自治州の独立を目指す州議会与党・民主集中(CDC)のマス首相代行は、新たな政権発足に向けて同じ独立派の地域左派政党、民衆統一候補(CUP)から支持を取り付けることに失敗した。

  2015年9月の州議会選で定数135のうち10議席を獲得したCUPのセルヒ・サラディエ議員はテレビ中継された3日の記者会見で、首相指名で同党がマス氏を支持しない方針を表明し、与党CDCは別の首相候補を検討すべきだと語った。CDCは9日までに政権発足に必要な支持を確保する必要があり、時間切れなら再選挙の実施を余儀なくされる。政権を樹立できない場合、出直し選挙が3月に行われる予定。

  サラディエ議員は「マス氏は自らが独立の障害にはならないと話してきた。独立派の過半数を維持するために1週間の時間が残されており、マス氏は自分が障害にならないことを今こそ示すべきだ」と述べた。

原題:Catalonia’s Mas Fails to Get Support for Separatist Government(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE