コンテンツにスキップする

ザッカーバーグ氏、人工知能備えたアシスタント育てる-今年の挑戦で

  • 漫画「アイアンマン」のジャービスのようなものを作ると表明
  • 自宅に友人を招き入れたり、赤ちゃんを世話したりすることなど想定

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、2016年に向け新たな挑戦を掲げた。それは家事や仕事を補助してくれる人工知能(AI)を備えたアシスタントを作ることだ。

  ザッカーバーグCEOはフェイスブックへの投稿で、漫画「アイアンマン」に出てくるジャービスのようなものを作ることを目指すと述べた。具体的には、顔認識により同CEOの自宅に友人を招き入れたり、先日生まれた自身の赤ちゃんを世話したり、仮想現実を通じてデータを視覚化し経営を助けることを想定している。このアシスタントは指示に対応するため同CEOの音声を学ぶという。

  ザッカーバーグCEOは、新たなスキルを習得するための挑戦を毎年掲げている。ある年にはマンダリン(標準中国語)を話すために勉強したり、またある年には自身が狩った獲物の肉だけを食べたりした。フェイスブックがAIの開発に取り組み、「メッセンジャー」アプリを通じて利用者のアシスタントを作り出そうとする中、同CEOは今回の挑戦を掲げた。

原題:Zuckerberg’s New Year’s Challenge: To Build an AI-Powered Helper(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE