コンテンツにスキップする

インド北部の空軍基地を武装集団が襲撃、6人死亡

インド北部の空軍基地を銃で武装した複数の 人物が襲撃し、治安部隊による応戦で武装集団の4人が死亡した。警察 当局が明らかにした。この銃撃戦で空軍関係者2人が死亡し、6人が負 傷した。

パンジャブ州警察の責任者アシュワニ・クマー氏が2日の電話取材 に対し語ったところによると、少なくとも5人の武装した人物が現地時 間午前3時ごろ、同州パタンコトにある同基地に侵入。武装集団を掃討 する作戦はまだ続いている。インドの通信社PTIが匿名の治安当局者 の話として伝えたところによれば、武装集団は陸軍の制服を着ており、 パキスタンの過激派組織「ムハンマド軍(JeM)」が送り込んだ可能 性がある。

インドのモディ首相は1週間前、カシミール紛争解決に向けた取り 組みを加速させるためパキスタンを予告なしで訪問している。

原題:Indian Police Battle Gunmen After Attack on Air Base; Six Dead(抜粋)

--取材協力:Kartik Goyal.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE