コンテンツにスキップする

マカオ:2015年カジノ収入、5年ぶり低水準-中国の反汚職運動が響く

マカオの昨年のカジノ収入は5年ぶりの低水準に落ち込んだ。中国当局の反汚職運動の影響で、大金を賭ける本土の顧客が減少したことが響いた。

  マカオのカジノ監察協調局が発表した2015年のカジノ収入は前年比34.3%減の2310億パタカ(約3兆4900億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト9人の予想中央値は35%減だった。昨年12月は前年同月比21.2%減り、1年7カ月連続の前年割れとなった。

  アナリストは16年も前年比5%減と減少が続き、17年に同7%増に回復するとみている。

原題:Macau Casino Fortunes Hit 5-Year Low, Lead on Vegas Narrows (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE