コンテンツにスキップする

ディストレスト投資のルテチウム、ファンド清算へ-運用成績振るわず

ディストレスト証券に投資する米ヘッジファンド運用会社ルテチウム・キャピタルは、クレジットファンド2本を清算し、資金全額を顧客に返還する。同社共同創業者のマイケル・カーリー氏が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に事情に詳しい関係者が匿名で語ったところによると、ルテチウムの運用資産は約1億5000万ドル(約180億円)。

  カーリー氏によると、一部顧客からの償還要求と運用成績不振を受け、12月20日の週に書簡で投資家にファンド清算の意向を伝えた。同氏はUBSグループでディストレスト債の共同責任者を務めていた。

  同氏によれば、ルテチウムのファンドの2015年のリターンはマイナス4%。ブルームバーグの集計データによると、ディストレスト債に投資するヘッジファンドの同年の平均リターンはマイナス約6.8%。

原題:Hedge Fund Lutetium Plans to Liquidate, Return Investor Cash (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE