コンテンツにスキップする

12月30日の欧州マーケットサマリー:株反落、イタリア国債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0907   1.0920
ドル/円            120.62   120.46
ユーロ/円          131.57   131.56


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   367.70     -1.98     -.5%
英FT100      6,274.05   -40.52     -.6%
独DAX      10,743.01   -117.13   -1.1%
仏CAC40     4,677.14   -24.22     -.5%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .35%        -.01
独国債10年物     .63%       +0.00
英国債10年物     1.99%       +.09


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,060.00    -10.10    -.95%
原油 北海ブレント         36.61     -1.18    -3.12%

◎欧州株:反落、薄商いのなか3週ぶり高値から売りに押される

30日の欧州株式相場は反落。指標のストックス欧州600指数は前日 に3週間ぶり高値を付けていた。原油安が投資家心理への重しとなっ た。

ストックス600指数は前日比0.5%安の367.70で終了。前日は1.4% 高だった。この日の出来高は30日平均を40%下回る水準。31日はドイツ やスイス、イタリアなどの株式市場が休場で、他の市場は短縮取引とな る。1月1日は祝日のため全市場が休場。

ストックス600指数は月間ベースで4.6%下げており、このままいけ ば12月としては2002年以来の大幅下落となる。ただ、年間ではプラスを 維持しており、4年連続の値上がりに向かっている。

セブン・インベストメント・マネジメント(ロンドン)のファンド マネジャー、ベン・クマール氏は「材料に乏しく商いも極めて薄い中、 株式市場は原油相場の上げ下げに追随しているようで、これには失望さ せられる。大きなサンタクロース・ラリーはなかった」と述べた上で、 「当社は世界経済への楽観を維持している」と語った。

この日の取引では、業種別19指数の全てが下落。エネルギー銘柄の 下落率が最も大きく、ノルウェーのシードリルと英タローオイルが大幅 安となった。

ドイツのDAX指数は1.1%安で今年最後の取引を終えた。月間ベ ースでは3カ月ぶりの大きな値下がりを記録した。ただ、年初来上昇率 は9.6%で、ストックス600指数の7.4%を上回った。

個別銘柄では、スイスのウェルスマネジメント、ジュリアス・ベ ア・グループが4%上昇。米国人顧客の脱税をほう助したとして米当局 から調査を受けている問題で、約5億4700万ドル(約660億円)を支払 って決着する方向で米司法省と基本合意した。

原題:Europe Stocks Decline From 3-Week High Amid Thin Trading Volume(抜粋)

◎欧州債:イタリア債上昇-年間ではユーロ圏2位の高パフォーマンス

30日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇。この日に計60億ユーロ 相当の債券を発行した同国の国債パフォーマンスは、年初来でユーロ参 加国2位となっている。

薄商いの中で行われた今年最後の域内ソブリン債入札で、イタリア 当局は目標発行額を満たした。155億ユーロ相当のゼロクーポン債が翌 日償還されることも支援要因となった。

今年は、欧州中央銀行(ECB)の国債購入プログラムが域内の債 券需要を高めるのに寄与した。来年は発行規模の減少が予想されてお り、ECBが1月4日に再開する国債購入の影響は強まりそうだ。

ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏は 「イタリアが目標額を調達できたのは、当然のことながらプラスだ」と し、今後は「発行が減少する中でECBが購入を継続することにより、 イタリアの市場は支えられるだろう」と語った。

ロンドン時間午後4時3分現在、イタリア10年債利回りは前日比3 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.60%。同国債(表 面利率2%、2025年12月償還)価格は 0.29上げ103.72。同年限のスペ イン国債利回りは4bp下げて1.77%となった。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは前日比ほぼ変わらず の0.62%。

ブルームバーグ世界債券指数によると、イタリア国債の年初来から 今月29日までのリターンはプラス4.7%と、ギリシャに次ぐ高パフォー マンスだった。ユーロ圏全体の平均は1.6%。

ドイツ取引所傘下のユーレックスでのユーロ参加国の国債先物の取 引はこの日が今年最後。取引再開は1月4日となる。

原題:Italy’s Bonds Extend Year’s Gains After Final Auction of 2015(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE