コンテンツにスキップする

米国で1錠12万円のC型肝炎治療薬、インドでは後発薬の値下がり続く

  • ギリアドはインドの後発薬メーカー11社にライセンス供与
  • メーカー各社は「より多くの患者」を得ようと価格で駆け引き

インドのシーク教寺院の裏にある仕立屋で世間話をする村の高齢者らによると、よその人が娘を地元の青年と結婚させたがらないのは、住民の大半がC型肝炎ウイルスに感染しているからだという。

  C型肝炎はインドのパンジャブ州の一部ではよく目にする病気で、仕立屋での話も全く的外れとは言えない。この病気の流行が有利な状況につながることもある。製薬会社がこの村をC型肝炎治療薬ソホスブビル(一般名)の市場シェア獲得競争の舞台の1つとしているためだ。米国でこの薬を「ソバルディ」の商品名で1錠1000ドル(約12万円)で販売している米ギリアド・サイエンシズは、インド企業11社にジェネリック(後発薬)製造のライセンスを供与している。これらの製薬会社が他社とマーケティング契約を結び、市場競争は大きく激化。価格の低下につながっている。

  ルディヤーナーのアポロ病院の胃腸科専門医、ニルマルジート・マルヒ氏によると、製薬会社は「より多くの患者を求めており」、価格での駆け引きに意欲的。スクリーニングへの資金援助や病院への無料検査キット配布、村全体での一括購入に割引を提供しているという。ソホスブビルは3月にパンジャブ州で10ドルで発売された当時も安い価格だったが、その後も値下がりし続け、4.29ドルまで下がった。医師らによると、値下がりは続く見通しだという。

  こうした状況は米国とは対照的だ。ギリアドは13年12月、米国で12週間の投与計画でのソバルディの価格を8万4000ドルに設定し、批判を浴びた。

原題:The Price Keeps Falling For a Superstar Gilead Drug in India(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE