インド宝飾企業ラジェシュ株、今年381%高-米ティファニー苦戦の中

  • ラジェシュ、価格下落で金の需要が回復すると予想
  • スイスの精錬会社バルカンビを7月に買収し能力増強

ドル相場の上昇と中国の景気減速を背景に米ティファニーや香港の周大福珠宝集団などの宝飾品関連企業の株価が下落する中、インドのある企業は需要が上向くと予想している。金価格は先週、5年ぶりの安値を付けた。

  インド最大の金宝飾品輸出企業ラジェシュ・エクスポーツのラジェシュ・メータ会長はインタビューで、金価格の下落により国内外で需要が高まり売上高が過去最高に達するとの見通しを示した。7月にスイスの精錬会社バルカンビを買収し能力を6倍に増強したことなどから、ラジェシュの株価は今年に入ってほぼ5倍に上昇している。
  
  メータ会長は「受注は好調だ。この需要はさらに3-4カ月継続するだろう。金価格は年内を通して下落傾向にあるため、販売量は堅調と予想している」と述べた。

原題:Jeweler’s World-Beating 381% Indian Rally Drubs Tiffany in Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE