円買いは対豪ドルよりも対NZドルに妙味、追加緩和見通し格差で

  • NZ中銀は12月に今年4回目の利下げも、10月会合で可能性を示唆
  • NZドル・円は80円付近、75円がターゲットと豪コモンウェルス銀

商品相場の低迷が続く中、対資源国通貨での円買い取引は、オーストラリアドルよりもニュージーランド(NZ)ドルの方に妙味があるとの見方が外国為替市場で出ている。豪州とNZの中央銀行がともに進めてきた金融緩和政策の先行き見通しに格差が生じているからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。