加バリック・ゴールド、一部資産をキンロスなどに売却へ-880億円で

世界最大の産金会社であるカナダのバリック・ゴールドは、米ネバダ州に持つ資産を同業の加キンロス・ゴールドとプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社ウォータートン・グローバル・リソース・マネジメントに売却することで合意した。売却額は計7億2000万ドル(約880億円)になる。金相場の下落を受け、バリックは債務削減を進めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。