9日のインド株式相場は下落。同国通貨ルピーは8月以来の大幅安、国債も値下がりした。モディ首相率いるインド人民党(BJP)が同国で3番目に人口の多いビハール州で行なわれた選挙で敗北したことを受け、景気刺激策を推し進める同首相の妨げになるとの懸念が広がった。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前週末比0.6%安の26121.40と、9月29日以来の安値で終了。ブルームバーグがまとめた現地銀行のデータによると、ルピーはドルに対し1%下げ1ドル=66.4475ルピーとなった。インド準備銀行(中央銀行)のトレーディングシステムによれば、インド10年債利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.73%と、9月28日以来の高水準に達した。

  選挙結果で経済改革の阻止を狙う野党勢を勢いづけることになりそうだ。さらに、上院で主導権をモディ首相が握るのが困難となった。29州を代表する議員が所属する上院では、全国一律の間接税の導入などの改革案が阻止された。来月にも米利上げがあるとの観測も、インド金融市場への重しとなった。

原題:India Rupee Falls With Stocks as Modi Suffers Loss in State Poll(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE