4日のインド株式相場は下落。エネルギー株が売られ、取引終了間際の1時間で上げを消す展開となった。

  インドで民間銀最大手のICICI銀行は1週間ぶりの大幅安。インドガス公社(GAIL)は続落。同社の四半期利益が予想に届かなかった。世界最大の製油所を所有するリライアンス・インダストリーズは5営業日ぶりに値下がり。一方、高級車メーカーのジャガー・ランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズは4カ月ぶり高値まで買われ、コール・インディアは3日続伸となった。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前日比0.1%安の26552.92で取引を終了。一時は0.8%上昇した。騰落比率は約2対3だった。一部大企業の四半期決算が予想を下回る内容だったことを背景に、同指数は過去8営業日のうち7日で下げている。

原題:Most Indian Stocks Decline as ICICI Falls; Tata Motors Rallies(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE