太陽光発電パネルメーカーの米ファースト・ソーラーの株価が30日のニューヨーク市場で大幅上昇。7-9月(第3四半期)の利益がほぼ4倍に増えたことが手掛かり。

  同社株価は前日比12%高の57.07ドルで取引を終えた。8月5日以降で最大の上げとなった。

  同社の7-9月期の純利益は3億4620万ドル(約417億円、1株当たり3.38ドル)と前年同期の8840万ドル(1株当たり87セント)から増加した。売上高は12億7000万ドル。前年同期は8億8930万ドルだった。

  同社は、利益のかなりの部分は南カリフォルニアのデザートステートライン・プロジェクト(300メガワット規模)の過半数持ち分を米電力事業持ち株会社サザン・カンパニーに売却したことによるものだと説明している。

原題:First Solar Jumps as Third-Quarter Profit Almost Quadruples (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE