金メダル柔道家に立ちはだかった就職の壁-「1億総活躍」への道

  • 障害者の法定雇用率、民間企業の過半数が未達成にとどまる
  • 「夢や思いを実現できる社会」へ国民会議でも議論と加藤担当相

中央大学法学部に在学中の2005年、初瀬勇輔氏(34)は全日本視覚障害者柔道大会の90キロ級で優勝した。在学中に緑内障で視力を失ったものの、自らの力で道を開いて勝ち取った栄冠だ。しかし卒業を前に待っていたのは就職の厚い壁だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。