コンテンツにスキップする

20世紀フォックスの「オデッセイ」が首位返り咲き-映画興収

週末の北米映画興行収入ランキングは、20世 紀フォックスのSF映画「オデッセイ」(邦題)がトップに返り咲い た。

調査会社レントラックの25日の発表資料によれば、マット・デイモ ン主演の同作品は1590万ドルを売り上げ、前週の2位から再浮上。この 1カ月で3回目の首位獲得となった。ユニバーサル・ピクチャーズのミ ュージカル映画など同週の封切り作品はいずれも振るわなかった。

今月初めに限定的に公開されていた「スティーブ・ジョブズ」は幅 広いリリース後では初めての週に予想を下回る7位にとどまった。

レントラックによると、週末の上位10作品の興行収入は9060万ドル と、1年前に比べ6.7%減少。年初来の興行収入は前年同期比5.3%増 の88億4000万ドル。週末の興行成績は23、24両日実績と25日の推計の合 計。

作品名   興行収入  変化率 劇場数  劇場平均 収入合計 週

(百万ドル) (%)    収入(ドル)(百万ド ル)=============================================================

1 The Martian $15.9 -25 3,504 $4,538 $166.4 4 2 Goosebumps 15.5 -34 3,501 4,427 43.7 2 3 Bridge of Spies 11.4 -26 2,811 4,043 32.6 2 4 Last Witch Hunter 10.8 -- 3,082 3,512 10.8 1 5 Transylvania 2 9.0 -29 3,154 2,854 148.3 5 6 Paranormal Activity 8.2 -- 1,656 4,952 8.2 1 7 Steve Jobs 7.3 380 2,493 2,915 10.0 3 8 Crimson Peak 5.6 -58 2,991 1,860 22.5 2 9 Intern, The 3.9 -29 2,061 1,870 64.7 5 10 Woodlawn 3.1 -23 1,475 2,102 8.5 2

原題:‘The Martian’ Retakes Box Office Lead as New Films Disappoint(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE