インド株(終了):4日ぶり下落-金属株とエネルギー銘柄が安い

20日のインド株式相場は反落。指標のS&P・BSEセンセックスは前日までの3営業日続伸で、2カ月ぶり高値に達していた。この日は金属株とエネルギー銘柄の下げが目立った。

  インド最大の産銅会社ベダンタは2カ月ぶりの大幅安。トム・アルバネーゼ最高経営責任者(CEO)が退任するとの報道があったが、同社はこれを否定した。アルミ会社のヒンダルコ・インダストリーズと、タタ・スチールも大きく下げた。インド石油ガス公社(ONGC)は2週間ぶり安値、世界最大の石炭会社コール・インディアは3営業日続落となった。

  センセックスは前日比0.2%安の27306.83で終了。この日は方向感のない取引だった。

原題:Indian Stocks Decline From Two-Month High as Vedanta Tumbles(抜粋)