インド株(終了):4日ぶり上昇-自動車株と工業株が高い

15日のインド株式相場は4営業日ぶりに上昇した。自動車株と工業株の上げが目立った。弱い内容の経済統計を受け、米金融当局が年内に利上げする確率が低下したことが背景。

  自動車メーカーのタタ・モーターズはここ2年余りで最大の値上がり。高級車部門ランドローバー・ジャガーの9月販売台数が増えたことが手掛かり。マルチ・スズキ・インディアは約2週間ぶりの大幅高。インドガス公社(GAIL)は2カ月ぶり高値を付けた。インド最大のたばこ会社ITCは6カ月ぶり高値に上昇した。

  指標のS&P・BSEセンセックスは前日比0.9%高の27010.14で取引を終了。アジアの主要株式指数が全て上げ、MSCIアジア太平洋指数は3日ぶりに上昇に転じた

原題:India’s Sensex Halts 3-Day Drop as Asian Stocks Gain on Fed Bets(抜粋)