コンテンツにスキップする

10月13日の欧州マーケットサマリー:株下落、イタリア債は上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1388   1.1358
ドル/円            119.76   120.04
ユーロ/円          136.38   136.34


株               終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600   358.47     -3.32     -.9%
英FT100      6,342.28   -28.90     -.5%
独DAX      10,032.82   -87.01     -.9%
仏CAC40     4,643.38   -45.32    -1.0%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .25%        +.01
独国債10年物     .59%        +.01
英国債10年物     1.83%       +.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,165.20     +.30     +.03%
原油 北海ブレント         49.88      +.02     +.04%

◎欧州株:ストックス600、下落-中国指標で景気減速懸念が再燃

13日の欧州株式相場は下落。銀行株と資源銘柄の下げが目立った。 9月の中国輸入が引き続き減少したことで同国の景気減速懸念が再燃し た。

指標のストックス欧州600指数を構成する業種別指数の中では、銀 行株が最もきつい値下がり。英HSBCホールディングの下げが大きく 響いた。スイスのUBSグループは1.1%安。事情に詳しい関係者によ ると、同国財務省は国内の大手銀行に対し総資産の約5%の自己資本を 保持することを義務付ける方針。スイスの資源商社グレンコア は2.6%、英鉱山会社アングロ・アメリカンは1.8%それぞれ下落。

一方、英ビールメーカーのSABミラーは9%急伸。ベルギー同業 のアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブからの買収案を受け入れる ことで合意した。ABインベブは1.7%上昇。

ストックス600指数は前日比0.9%安の358.47で取引を終了。同指数 は年初来高値を付けた4月以降では13%下げている。この日発表された 中国貿易統計によると、同国の輸入は9月も減少し、この6年間で最長 の前年割れとなった。

ライファイゼン・キャピタル・マネジメント(ウィーン)の株式部 門責任者、ヘルベルト・ペルス氏は「どこを見てもリスクがあるので、 市場参加者は神経質になりやすい」とし、「中国発のニュースは、過去 2週間に大きく動いた資源銘柄に影響を与えている。指数は調整局面に あり、短期志向の投資家は再び売らざるを得ない状況に追い込まれた。 このため、相場は下がった」と発言。「銀行は大型セクターの1つであ り、相場全体が売られると最も打撃を受けやすいセクターの一部にな る」と付け加えた。

この日は自動車関連株も売られ、独フォルクスワーゲンの優先株 は2.1%下落。同社は投資削減を発表した。他の個別銘柄では、英郵便 事業会社ロイヤル・メールが4.2%値下がり。英政府が持ち株を全て手 放し、民営化を完了した。

原題:Europe Stocks Fall as China Data Reignite Global Growth Concern(抜粋)

◎欧州債:イタリア債上昇、独債とのスプレッド縮小-QEめぐる観測

13日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇し、10年物のドイツ国債 に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)がここ6カ月で最小となった。 欧州中央銀行(ECB)が資産購入を拡大するとの観測の高まりが背景 にある。

いわゆる周辺国の国債利回りはユーロ圏の指標とされるドイツなど の国債利回りに接近。ECBが1兆1000億ユーロ規模の量的緩和 (QE)プログラムの延長ないし拡大をいつ実施するのか、そのタイミ ングに注目が集まりつつある。イタリアの2018-32年に満期を迎える国 債入札では、目標上限とする70億ユーロ相当を発行。これもこの日は、 同国債を支える要因となった。

INGグループ(アムステルダム)のシニア金利ストラテジスト、 マルティン・ファンフリート氏は「ECBが12月にQEプログラムの期 間延長を余儀なくされるとの観測が多く出ている」とし、「これが周辺 国債の利回りを抑え、明らかにスプレッド縮小につながっている」と語 った。

イタリア10年債の同年限のドイツ国債に対するスプレッドは107ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、4月7日以降の最小に縮 まった。ECBがQEを開始した3月に見られた水準の100bpよりも 小さくなる可能性が向こう数カ月にはあると、ファンフリート氏はみて いる。

ロンドン時間午後5時現在、イタリア10年債利回りは前日比2bp 低下の1.66%。同国債(表面利率1.5%、2025年6月償還)価格は0.205 上げ98.66。同年限のドイツ国債利回りは1bp上昇し0.59%。

原題:Italian-German Bond Yield Spread Narrows to Least Since April(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE