中国の輸出が10月も減少し、4カ月連続の前年割れとなった。世界2位の経済大国の景気冷え込みがあらためて浮き彫りにされた。

  税関総署が8日発表した10月の貿易統計(人民元ベース)によれば、輸出は前年同月比3.6%減少。9月は1.1%減だった。輸入は16%減少と、9月の17.7%減に続き12カ月連続で前年を下回った。この結果、10月の貿易黒字は3932億元(約7兆6200億円)となった。

  IHSグローバル・インサイトのアジア太平洋担当チーフエコノミスト、ラジブ・ビスワス氏(シンガポール在勤)は、日本や欧州連合(EU)といった「主要市場の需要が弱いため、中国の輸出は引き続き構造的な逆風に直面している」と指摘。「最近数年で中国輸出の急成長市場となっていた新興市場での成長鈍化からも影響を受けている」と話した。
 
  発表資料によれば、1-10月の対日輸出は前年同期比9%減、対EUは3.7%減った。香港向けは11.7%減。一方、中国にとって最大の貿易相手国である米国向けは5.8%増、対東南アジア諸国連合(ASEAN)は4.2%増、対インドは8.9%増えた。

  1-10月の輸入は主要10カ国・地域から全てで減少。オーストラリアからの輸入は25.7%減った。

  中国人民銀行(中央銀行)は主要政策金利を1年の間に6回引き下げたほか、今年8月には予想外の人民元切り下げも実施した。中国の7-9月(第3四半期)国内総生産(GDP)は前年同期比6.9%増と、2009年1-3月(第1四半期)以来の低成長だった。

原題:Chinese Exports Drop for Fourth Month as Headwinds Increase (1)(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE