コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ドイツ銀がCDSポートフォリオ30兆円余りの売却に向け交渉-関係者

  • ドイツ銀は米銀JPモルガン・チェースなど複数の銀行と交渉
  • 2250億ドル相当のレバレッジ圧縮を目指す目標達成に寄与する見通し

ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行は、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)2500億ドル(約30兆円)余りの取引ポートフォリオ売却に向けて、米銀JPモルガン・チェースなど複数の銀行と交渉している。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  ドイツ銀は個別の発行体に連動するCDSポジションの取引から撤退すると昨年発表した。関係者の1人によれば、同行はシティグループとの間でも2500億ドル近い単名のCDSポートフォリオを売却する契約を結んだ。一連の取引は、2250億ドル相当のレバレッジ圧縮を目指すドイツ銀の目標達成に寄与する見通し。

  CDSは借り手のデフォルト(債務不履行)に備える保険の役割を果たす。ドイツ銀と他行との協議については、ビジネス・インサイダーが先に伝えていた。

原題:Deutsche Bank Said in Talks to Sell $250 Billion Swaps Portfolio(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE