インド株(終了):上昇、金属株など高い-週間では6月来の大幅高

9日のインド株式相場は上昇。金属株やエネルギー銘柄、公益株の上げが目立った。指標のS&P・BSEセンセックスは週間ベースで6月以来の大幅高となった。

  インド最大の産銅会社ベダンタと、国内2位のアルミ会社ヒンダルコ・インダストリーズが買われた。タタ・スチールは7カ月余りで最長となる5日続伸。原油相場が2日連続でバレル当たり50ドルを上回ったことを背景に、インド石油ガス公社(ONGC)は約2カ月ぶりの高値となった。

   センセックスは前日比0.9%高の27079.51と、8月21日以来の高値で終了した。前週末比では3.3%値上がり。米金融当局が利上げを急がない姿勢が示唆されたことで、この日のアジア株はほぼ全面高だった。

原題:Indian Stocks Cap Best Weekly Climb Since June on Global Rally(抜粋)