コンテンツにスキップする

10月1日の欧州マーケットサマリー:株下落、スペイン債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1199   1.1177
ドル/円            119.68   119.88
ユーロ/円          134.03   133.99


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  346.23     -1.54     -.4%
英FT100     6,072.47   +10.86     +.2%
独DAX      9,509.25   -151.19   -1.6%
仏CAC40    4,426.54   -28.75     -.6%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .27%        -.02
独国債10年物     .54%        -.05
英国債10年物     1.74%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,119.00    +5.00     +.45%
原油 北海ブレント         47.91      -.46     -.95%

◎欧州株:下落、一時の上げ消す-米製造業活動が停滞の兆候示す

1日の欧州株式相場は一時の上げを消し、値下がりで取引を終了し た。米経済指標が9月の製造業活動の停滞を示したことが背景にある。

朝方の取引では、中国の製造業活動を測る指数が安定化の兆候を示 したことから楽観ムードが高まった。鉱山株とエネルギー銘柄が買わ れ、欧州株の指標であるストックス欧州600指数は一時1.5%上昇。た だ、米供給管理協会(ISM)発表の9月の製造業景況指数が3カ月連 続で低下し2013年5月以来の低水準となると、ストックス600指数は反 落した。

ストックス600指数は前日比0.4%安の346.23で取引を終了。中国景 気減速への懸念と、米利上げ開始時期をめぐる不透明感から、同指数は 7-9月期は四半期ベースで4年ぶりの大幅安となっていた。

ノッツ・ストゥッキ(ジュネーブ)のファンドマネジャー、ピエー ル・ムートン氏は「日中取引でさえも、このような乱高下に驚くべきで はない」とし、「状況は引き続き不透明だ。中国は減速または安定、失 速しているのだろうか。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長 は12月よりも前、または12月、それとも2016年に入ってから利上げに踏 み切るだろうか。相場が反発するたびに、利益を確定させる機会が生じ る」と語った。

ストックス600指数の業種別指数の中で、通信銘柄が最もきつい値 下がりとなった。アルティスは9.3%安。ドイツテレコムは5.2%下落。 同社が出資するオンライン売買サイトを運営するスカウト24ホールディ ングは取引初日だったこの日に3.5%下げた。

一方、エネルギー銘柄の上昇率は首位。英タローオイルは9.6%急 伸し、スペインのレプソルは3.7%値上がりした。

ドイツのDAX指数は1.6%安。一時1.3%上昇した。独自動車メー カーのフォルクスワーゲン(VW)の優先株は1.3%安。5.6%上げる場 面もあった。

原題:European Stocks Fall as U.S. Manufacturing Report Deflates Rally(抜粋)

◎欧州債:スペイン債利回り、4カ月ぶり低水準-需要増で入札順調

1日の欧州債市場ではスペイン国債が上昇し、10年債利回りは4カ 月ぶり低水準を付けた。高リスク資産の需要が高まり、国債入札が順調 となったことが手掛かり。

スペイン10年債の同年限のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(ス プレッド)はここ約1週間で最も小幅となった。スペインはこの日、満 期が2018-25年の国債を発行。前週末のカタルーニャ自治州議会選挙後 では初の入札だった。同選挙で独立賛成派の得票率は過半数に届かなか った。

この日のスペイン国債上昇と入札結果は、カタルーニャ独立運動が 経済や政治を不安定にするリスクを同国が脱し、ひとまず前進したこと を示唆する。フランス10年債は4日続伸。同国の10年債入札で応札倍率 が4月以来の高水準となった。

コメルツ銀行(フランクフルト)のシニア金利ストラテジスト、ミ ヒャエル・ライスター氏はスペインとフランスの「入札結果は極めて心 強い内容だった」とし、特にスペインの結果は「政治面に関する懸念を 大きく和らげた」と語った。また、欧州中央銀行(ECB)が量的緩和 (QE)を拡大するとの観測が高まるにつれ、「周辺国債は中核国債の パフォーマンスを上回るだろう」とも述べた。

ロンドン時間午後4時4分現在、既発のスペイン10年債利回りは前 日比7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.83%と、5 月29日以来の低水準。同国債(表面利率2.15%、2025年10月償還)価格 は0.595上げ102.94。

欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは4bp低下し0.55%。 スペイン10年債とのスプレッドは先月21日以降で最小の128bpに縮ま った。前週末は139bpだった。

原題:Spain’s Yields Fall to Four-Month Low After Nation Sells Debt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE