コンテンツにスキップする

9月29日の欧州マーケットサマリー:株続落、スペイン債上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1258   1.1244
ドル/円            119.71   119.92
ユーロ/円          134.78   134.84


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  339.23     -2.34     -.7%
英FT100     5,909.24   -49.62     -.8%
独DAX      9,450.40   -33.15     -.3%
仏CAC40    4,343.73   -13.32     -.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .25%        +.01
独国債10年物     .58%        .00
英国債10年物     1.76%       -.02


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,132.10    +1.05     +.09%
原油 北海ブレント         48.26      +.92    +1.94%

◎欧州株:続落、ヘルスケア銘柄が安い-景気懸念が根強い

29日の欧州株式相場は下落し、指標のストックス欧州600指数は続 落。世界景気をめぐる懸念が根強い状況が示された。

アジア景気減速への懸念や米金融政策をめぐる不透明感が株式市場 への重しとなり、変動性を高めている。ブルームバーグがまとめたデー タによれば、ユーロ圏の株式ボラティリティを示す指数は月間ベース で2011年以来の高水準にある。

ストックス600指数は前日比0.7%安の339.23で取引を終了。9月の 米消費者信頼感が予想外に改善したことを受け、一時1.8%の下げ幅を 縮めた。

ベアリング・アセット・マネジメントの運用担当者、ジェームズ・ バックリー氏は「中国だけにとどまらないものの、同国を中心としたマ クロ経済をめぐる大きな不透明感が投資家を動揺させている」とし、 「米連邦準備制度はまだ利上げに踏み切れないほか、欧州が非常に緩や かな回復を続けられるのかという懸念もある。間もなく、ミクロ面に注 目が集まる決算発表のシーズンが始まる。最悪の売り局面は過ぎたかも しれない」と語った。

ストックス600指数は7月以降に11%下落しており、このまま終了 すれば四半期ベースで4年ぶりの大幅安となる。月間では約1年ぶりの 続落となる公算。ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の 出来高は30日平均を32%上回る水準だった。

業種別では医薬品銘柄が大きく下げた。デンマークのノボ・ノルデ ィスクは3.4%、ヒクマ・ファーマシューティカルズは8.1%それぞれ下 落。

個別銘柄では、スイスの資源商社グレンコアが17%上昇。財務状況 は引き続き堅固で、支払い能力に全く問題はないとの同社の発表に反応 した。

原題:European Stocks Fall for Second Day as Growth Concern Persists(抜粋)

◎欧州債:スペイン債利回り、7週ぶり低水準-QE拡大観測広がる

29日の欧州債市場ではスペイン10年債が上昇し、利回りが約7週間 ぶりの低水準を付けた。欧州中央銀行(ECB)の現行の量的緩和 (QE)ではユーロ圏インフレ率が物価安定の目安とする水準には近く 届かないとの見方からQE拡大観測が強まった。

欧州債の指標であるドイツ10年債利回りは一時、約1カ月ぶりの低 水準となった。9月のユーロ圏インフレ率の公表を翌日に控え、域内の インフレ期待を示す指標は低下した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト調査によれば、9月インフレ率はゼロへの低下が見込まれてい る。8月までは3カ月連続で0.2%と、ECBが物価安定の目安とする 2%弱を大きく下回っている。この日発表されたスペインの9月のイン フレ率は2月以来の低水準に落ち込んだ。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ス タメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「スペインのインフレ率は驚 くほど低下し、30日公表のユーロ圏インフレ率が予想を下回るリスクが 高まり、年内のバランスシート拡大をECBに迫る圧力が強まった」と 指摘。さらに、ドイツ債について「リスク意欲の悪化が国債相場を支え ているのは明らかだが、10年債利回りが0.5%を下回るにはリスクセン チメントが一段と悪化する必要がある」と語った。

ロンドン時間午後4時40分現在、スペイン10年債利回りは前日比3 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.90%。8月12日以 来の低水準となる1.89%まで下げる場面もあった。同国債(表面利 率2.15%、2025年10月償還)価格は0.245上げ102.29。

同日発表されたドイツの9月インフレ率はマイナス0.2%と、1月 以来のマイナス圏となった。8月はプラス0.1%だった。

ドイツ10年債利回りはほぼ変わらずの0.59%。一時は0.57%と、先 月24日以来の低水準を付けた。同年限のイタリア国債利回りは2bp低 下の1.72%。

インフレ期待の指標としてECBのドラギ総裁が重視する5年先ス タートのインフレスワップ5年物フォワードレートは1.59%。一時は8 月24日以来の低水準となる1.56%まで下げた。

原題:European Yields Reflect Slow Inflation Adding to Pressure on ECB(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE