コンテンツにスキップする

9月28日の欧州マーケットサマリー:株反落、スペイン債反発

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.1238   1.1195
ドル/円            119.86   120.59
ユーロ/円          134.70   135.03


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  341.57     -7.71    -2.2%
英FT100     5,958.86   -150.15   -2.5%
独DAX      9,483.55   -204.98   -2.1%
仏CAC40    4,357.05   -123.61   -2.8%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .26%        -.01
独国債10年物     .59%        -.06
英国債10年物     1.77%       -.07


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,131.05    -15.60   -1.38%
原油 北海ブレント         47.50     -1.10    -2.26%

◎欧州株:反落、中国指標で景気懸念強まる-グレンコアは29%急落

28日の欧州株式相場は反落。指数のストックス欧州600指数は前週 末に大幅高だったものの、相場上昇につながった楽観は続かず、景気懸 念が再浮上した。

ストックス600指数は前週末比2.2%安の341.57で終了。中国の工業 セクター企業の利益が8月に少なくとも4年ぶりの大幅な減少を記録 し、これを受けて景気懸念が再び強まった。業種別では資源銘柄が2009 年以来の安値。スイスの資源商社グレンコアは過去最大の下げを記録し た。自動車銘柄は3.6%値下がり。先週は週ベースの下げが2011年以降 最悪となっていた。

セブン・インベストメント・マネジメント(ロンドン)の投資戦略 責任者、ロサムンド・プライス氏は「景気回復はやや勢いを失いつつあ る」とし、「世界の経済成長が既にピークを過ぎて頭打ちになった可能 性があり、恐らく下向きになりつつあることが懸念されている。市場の ボラティリティがあまりに大きいので、投資家には店じまいを勧める。 何もしないのがベストだ」と語った。

ストックス600指数は25日は2.8%上昇し、約1カ月ぶりの大幅高と なっていた。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が24日に 年内利上げの用意があると発言し、最近の市場混乱後も米景気回復が頓 挫しないとの見通しが示唆されたためだ。

スペインのIBEX35指数はこの日1.3%安。0.8%上げる場面もあ った。27日行われたカタルーニャ自治州の州議会選挙で独立賛成派の得 票率が50%に届かなかったことから、独立推進派のマス州首相が引き続 き政権を握るには、反資本主義の左派政党CUPとの連携が必要となっ た。

個別銘柄では、グレンコアが29%値下がり。一時は31%安となっ た。ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)の優先株 は7.5%下げ、11年以来の安値を付けた。VW普通株の筆頭株主である ポルシェ・オートモービル・ホールディングは6.9%下落した。

英携帯電話サービスのボーダフォン・グループは4.8%安。ケーブ ル事業会社リバティ・グローバルとの資産交換などをめぐる協議を打ち 切ったことが売り材料。

原題:European Stocks Drop Amid China Data as Glencore Tumbles 29%(抜粋)

◎欧州債:スペイン債反発-カタルーニャ選挙結果で対立回避との見方

28日の欧州債市場で、スペイン国債が4営業日ぶりに上昇した。27 日行われたカタルーニャ自治州の州議会選挙で独立賛成派の得票率 が50%に届かなかったことを受け、同州と中央政府の正面切った対立の リスクがひとまず後退した。

スペイン10年債のパフォーマンスは、欧州債の指標とされるドイ ツ10年債を6営業日ぶりに上回った。カタルーニャ州独立推進派のマス 首相が引き続き政権を握るには、反資本主義の左派政党CUPとの連携 が必要。この日の取引ではユーロ参加国の国債も総じて上昇。30日発表 される9月の域内インフレ率はゼロに低下したと、エコノミストらは予 想している。

KBC銀行(ブリュッセル)の調査責任者ピエ・ラマン氏は、独立 賛成派の「得票率が50%を超えなかった事実が市場で注目された」と述 べた上で、「市場の楽観が続くとは確信していない。カタルーニャ州の センチメントは徐々に独立へと向かいつつあり、不透明感が続くだろ う」と語った。

ロンドン時間午後4時40分現在、スペイン10年債利回りは前週末 比11ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.93%。過去3 営業日では8bp上昇していた。同国債(表面利率2.15%、2025年10月 償還)価格はこの日、0.99上げ102.02。

ドイツ10年債利回りは6bp下げ0.59%。スペイン10年債のドイツ 国債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)は134bpと、前週末の139 bpから縮まった。オーストリアからポルトガルまで域内の国債が広範 に買われた。

原題:Spanish Bonds Lead European Peers Higher After Catalonia Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE