コンテンツにスキップする
cojp

仏大統領、シリア領内の「イスラム国」空爆を表明-難民危機で

フランスのオランド大統領は7日、シリア領 内の過激派組織「イスラム国(IS)」空爆の準備を進めていることを 明らかにした。中東からの難民流出阻止とテロの脅威への対処の両方が 目的。

オランド大統領はパリで記者会見し、「イスラム国への攻撃が可能 になるよう、あすからシリア上空の偵察を開始するよう国防相に指示し た」と発言。一方で、地上軍派遣の可能性は否定し、シリアのアサド政 権が和平への障害になっていると指摘した。

原題:Hollande Readies Syria Air Strikes as Response to Refugee Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE