3日のインド株式相場は反発。指標のS& P・BSEセンセックスは前日に1年1カ月ぶりの安値を付けていた。 金属株と工業銘柄の上げが目立った。このところ値動きの荒い展開が続 いていた中国株式市場が3、4両日休場のため、相場は世界的に落ち着 いており、新興市場株は総じて高い。

金属株ではタタ・スチールとベダンタが大幅高となり、金属株指数 は3日ぶりに上昇。アクシス銀行が5月13日以来の大幅上昇、 ICICI銀行は前日付けた1年3カ月ぶりの安値から反発。電力会社 NTPCは4日ぶりに上げた。エンジニアリング企業のラーセン・アン ド・トゥブロとバーラト重電機もそれぞれ2%強の値上がり。

センセックスは前日比1.2%高の25764.78で終了。前日終値は2014 年8月以来の安値だった。

原題:Indian Stocks Rebound From 13-Month Low as Metalmakers Advance (抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE