韓国サムスン電子、株価が5カ月続落-時価総額440億ドル減少

韓国サムスン電子の株価は8月に月間ベース で下落し、5カ月連続の下げとなった。スマートフォン(スマホ)「ギ ャラクシー」の最新モデルの需要低迷が響いた。4月以降の時価総額の 減少幅は約440億ドル(約5兆3300億円)に達している。

世界最大のスマホメーカーであるサムスン電子の株価は8月 に8.1%下落し、月間ベースでは1983年12月以来の長期連続安となっ た。時価総額は8月だけで120億ドル近く減少。市場シェアは米アップ ルや中国勢に奪われている。

サムスン電子はアップルに対抗すべく、ギャラクシーの新モデル発 表前倒しなどの戦略を打ち出しているが、7-12月(下期)をめぐる市 場の悲観的な見方を払拭(ふっしょく)できていない。アップルは9月 9日にイベントを開催。新型「iPhone(アイフォーン)」などの 発表が見込まれている。

IBKセキュリティーズのアナリスト、イ・スンウ氏(ソウル在 勤)は「サムスン電子のスマホ事業が順調でないことを皆分かってい る」とし、「株価の下落がいつ止まるのか見当がつかない。ファンダメ ンタルズに問題があるようだ」と分析した。

4-8月の時価総額の減少幅は、米ゼネラル・モーターズ(GM) の時価総額にほぼ相当する。

原題:Samsung Loses $44 Billion of Value in Worst Streak Since 1983(抜粋)