ソニーの災難後押し-最速級で1500億円軌道に乗ったHACK

上場投資信託(ETF)を作り出 すのは人工衛星の打ち上げに似ている。似ているのは、多種多様な下請 け業者が必要でさまざまな規制があること、それによく墜落すること だ。

アンドルー・チャニン氏(30)が設立したピュアファンズ(ニュー ヨーク)の最初3本のETFのうち2本は軌道に乗らなかった。1本は なんとか乗ったが、資産は今もわずか360万ドル(約4億3700万円)で 辛うじて落ちてこないという状態。

しかし同氏はあきらめなかった。そして昨年11月に打ち上げた「ピ ュアファンズISEサイバー・セキュリティーETF」(ティッカーコ ード:HACK)で大成功した。HACKは今年7月までに14億ドルを 集め、史上最速級で拡大するETFの仲間入りを果たした(市場混乱後 の8月25日は12億ドル)。

素晴らしいタイミングが同ファンドを後押しした。HACKが上場 した12日後、有名なハッキング事件が起こった。ハッカーたちがソニ ー・ピクチャーズ・エンタテインメントのシステムに侵入しテラバイト 規模のデータを盗んだのだ。従業員の社会保障番号から給料の額、幹部 の陰口のたたき合いを白日の下にさらす電子メールなどが流出し、メデ ィアは飽きる気配もなく執拗(しつよう)にこれについて報じた。コン ピューターセキュリティーが差し迫った重大な危険であるという印象を 世界に与えた。HACKという名前もよかった。

ピュアファンズに従業員は1人しかいない。チャニン氏は1人でブ ラックロックやバンガード、ステート・ストリートといったETFの巨 人と渡り合っている。

世界には6500本のETFがあり約3兆ドルの資産が運用されてい る。平均で1営業日に1本の割合で新ETFが上場される。さまざまな 理由から、ETF市場は急拡大している。投資信託よりも手数料が安い と思われていること、株と同じように取引時間中に売買できること、ほ とんどの場合キャピタルゲイン税の対象とならないことなどだ。

ゾンビ

しかし、ETFには大きな問題がある。パシフィック・パーク・フ ァイナンシャルのギャリー・ゴードン社長によれば、それは流動性だ。 小粒のETFはほとんど取引がなく、売ろうと思っても難しい。これが ETF業界が知られたくない秘密だ。運用資産が少なく取引がほとんど ない「ゾンビ」となっているETFは数多い。

フレクシブル・プラン・インベストメンツのポートフォリオマネジ ャー、ロン・ローランド氏は「インベストメント・ウィズ・エッジ」と いう自身のウェブサイトに「ETFデスウォッチ(死のみとり)」とい うセクションを設けて「ゾンビ」たちを紹介している。

ETFが失敗するのは、数が多過ぎて投資家に知られることが難し いからだとローランド氏は言う。同氏によれば、下位50%は売買不可 能。6月の米ETFの取引でドル建ての金額ベースで半分を占めるの は、わずか8本のファンドだ。さらに、上場されているファンドの81% を合わせた取引高(ドル建て)は、ETF取引全体の2.4%にすぎない という。

HACKの成功ぶりがいかに驚くべきものであるかが分かる。

チャニン氏はニューヨークの証券会社、ケロッグ・グループに採用 されETFのマーケットメークをしていた。売りたい人と買いたい人を 仲介し、さまざまなファンドの流動性を支援。この仕事が楽しくて仕方 なかった。2年後にコーエン・キャピタル・グループに移った後、 ETFの発行会社にコーエンが売買するファンドについてのアイデアを 提供した。ある日、発行会社の1社が、良いアイデアを人にあげてしま わないで自分のETFを作れば良いのにと尋ねてきたのだ。

ピザ1切れ

コーエンでの友人、ポール・ジムニスキー氏と検討し、アイデアと 当初の資本、幾らかの運転資金があればETFを作れるという結論に達 した。両氏はコーエンを退社し、2010年にピュアファンズを設立。 ETFが連動する指数の設計にはインターナショナル・セキュリティー ズ・エクスチェンジ(ISE)を起用した。

最初の3本のETFのうち2本は14年1月に清算に追い込まれジム ニスキー氏は同月退社。チャニン氏は残りの1本と共にただ1人取り残 された。ピュアファンズ創業以降、自分の給料というものは受け取ら ず、来る日も来る日もピザ1切れの昼食で暮らしていた。

ISEから救いの手が差し伸べられようとしていた。ISEの ETFベンチャーチームは12年にコンピューターセキュリティーの指数 を作ることを思いついていた。ハッキングがニュースになっていたし、 同種の指数はまだなかった。しかし興味を示すファンドがなく、アイデ アは棚上げされた。

ハッカー攻撃はその後も増え、ISEは再びこのアイデアを取り上 げ、指数マネジャーのマーク・アブシー氏は業界の調査を始めた。ハッ カー攻撃とこれを防ぐための企業について研究した。

研究の一方でISEはチャニン氏に声をかけた。同氏は大いに乗り 気になり、ISEは「ISEサイバーセキュリティー指数」の設計を推 し進めて14年9月2日に説明文書を公表した。

HACKは同年11月12日に上場。同月24日にソニーのハッカー攻撃 事件が初めて報道された。15年2月には米医療保険会社アンセムが攻撃 を受け顧客データを盗まれた。HACKはそれ以来、軌道を回り続けて いる。上場から今年7月31日までのリターンはプラス21.7%とS& P500種株価指数のプラス4.7%を大きく上回っている。

チャニン氏は7月に2つの新ファンドを開始した。人を雇うことを 考えている。HACKの大成功に今も驚いている同氏は「タイミングが 良かった」と話す。「さらに、私の知らないさまざまなことが組み合わ さった。こういう幸運を瓶詰めできたらいいのにと思う」と付け加え た。

原題:How a One-Man ETF Shop Attracted $1.2 Billion in Just 8 Months(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE