アジア株反落、市場動揺の中で米利上げ示唆-月間で12年以来の大幅安

更新日時

31日のアジア株式相場は反落。中国市場が不安定な動きを続ける中で、米金融当局が利上げの用意があることを示唆した。MSCIアジア太平洋指数はこのままいけば、この3年余りで最大の月間下落率で今月の取引を終える。

  MSCIアジア太平洋指数はフランクフルト時間午前8時16分(日本時間午後3時16分)現在、前週末比0.7%安。今月の下げは8.4%に達しており、4カ月連続の下落となっている。香港のハンセン中国企業株(H株)指数は0.2%安で、5月の高値からの下落率が35%となった。

  S&P500種株価指数先物は0.9%下げている。

原題:Stocks Set for Worst Month Since 2012 as Fed, China Woes Collide(抜粋)

Trashline: (Corrects gold price in 14th paragraph.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE