人民元:4日続伸、李首相が支える姿勢-月間では大幅下落

中国人民元は31日、対ドルで4営業日続伸。 李克強首相が先週、元の下落が続く根拠はないと述べ、元相場を支える 姿勢を示したと伝わった。人民元は月間では1994年以来の大きな下げで 取引を終えた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、元は前週末 比0.19%高の1ドル=6.3763元で終了。この4営業日で計0.6%上げ、 8月の月間下落率は2.6%に縮小した。

中国人民銀行(中央銀行)は31日に元の中心レートを6.3983元と し、先週末の中心レートに比べて0.15%引き上げた。

ブルームバーグのデータによると、香港オフショア市場の人民元は 前週末比0.26%高の6.4463元。月間では3.5%下落した。

原題:Yuan Pares Biggest Monthly Loss Since 1994 as Li Talks Stability(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE