中国株:上海総合指数、3日ぶり反落-2カ月間の下げは08年以来最大

更新日時

31日の中国株式市場で上海総合指数は3営業日ぶりに反落。同指数は7、8月累計の下落率が2カ月間として2008年以来の大きさとなった。当局の相場下支え策が失敗に終わるとの懸念が強まったことが背景にある。

上海総合指数は前週末比0.8%安の3205.99で終了。一時は3.8%安まで下げる場面もあった。8月の同指数は月間で12%下落。7月は同14%下げていた。

この日は中信証券(CITIC証券、600030 CH)が5%安。同社幹部がインサイダー取引の疑いで拘束されたと、国営の新華社通信が伝えた。また、事情に詳しい関係者によると、中国証券監督管理委員会(証監会)は証券会社に市場救済のための追加拠出を求めた。

申万宏源集団のセールストレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏 (上海在勤)は「当局関連の資金による株式購入をめぐって多くの不明瞭さがある。情報開示が非常に限定されているため、当局の動きを正確に知るのは不可能だ」と述べた。

CSI300指数は前週末比0.7%高で終了。一時4.1%下落するなどマイナス圏で推移していたが、最後の5分間で上昇に転じた。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.1%安。ハンセン指数は0.3%上昇で取引を終えた。

上海昭熠資産管理の証券投資部門ゼネラルマネジャー、李静遠氏は「当局は31日、株式を買っていたようだ。当局は引き続き、この水準で相場を安定させたいと考えている」と述べた。

原題:China’s Stocks Cap Biggest Selloff Since 2008 on Rescue Doubts(抜粋)