中国首相:元続落の理由なし-合理的な均衡水準で安定可能

更新日時

中国の李克強首相は中国人民銀行(中央銀 行)が人民元を今月2.8%下落することを容認した後で、元相場が引き 続き下落する根拠はないと指摘した。

中国国務院が29日に掲載した声明によると、同首相は人民元が「合 理的で均衡した水準」で基本的に安定し続けることが可能だと述べた。 首相は28日の会合で発言した。

中国は引き続き積極的な財政政策と慎重な金融政策を実施するほ か、経済への下押し圧力に対処するため「より的確」な措置を活用する と、李首相は述べた。また、政府が地方のリスクやシステミックリスク を防止すると表明した。

28日の上海市場で元はドルに対し一時0.33%上昇と、取引途中で3 月19日以来の大幅な上げとなった後、前日比0.26%高の1ドル=6.3885 元で引けた。

原題:China Premier Li Says No Basis for Yuan’s Continued Depreciation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE