多くの投資家が市場の混乱に慌てふためいて いた8月24日、先物売りに大量の資金を投じた日本人デイトレーダーは 底値をほぼ完璧に見極めていた。さらにツイッターで4万人のフォロワ ーに対し、打つ手を次々発信していた。持ち高を手じまった時には40億 円の利益を得ていたという。

今週は金融市場が混乱し、多くの投資家が慎重になるか、まひする ことさえあった。ネット上のハンドルネームがCIS(シス)で知られ るこの36歳は違った。

「僕はこういうすごい乱高下する時、めちゃくちゃ得意-」。 CISは言う。25日、長い間株式売買に入れ込んできた彼の中でも最大 の取引を終えて、1時間しかたっていない。CISは強盗や恐喝の危険 があるとして実名報道をしないよう要請する一方、自分の売買を裏付け るため、ネット証券会社の秒刻みの取引詳細を見せて説明した。

CISは日経平均の指数先物が下がると読み、8月中旬から同先物 を売っていた。24日の後場終了までに含み益は15億8000万円余りに上っ ていた。さらに持ち高を積み増した。その晩、米国市場は取引開始後に 急落。利益を確定させ、儲けは2倍に膨らんでいた。

それでも勝利を祝うことはせず、取引を続行した。今度は相場が底 を打ったと読んだ。25日に持ち高を解消し、ツイートした。「俺のリバ 取り物語はこれでいったん終了」。底値からのリバ(リバウンド、戻 り)を取ることで利益は3倍になっていた。

「完璧」

「ここまで完璧にこなしたCISさんを見たのは初めて」と取引仲 間の村上直樹氏は言う。村上氏は個人投資家の集まりで講師を務めるこ ともあり、取引についてのブログでちょっとした有名人になっている。

昨年、CISは「ブルームバーグ・マーケッツ」誌に取り上げられ た。賃貸アパートの一室での10年に渡るデイトレードの日々で、当時の 資産は160億円を超えていた。CISは確定申告の書類や証券会社の口 座管理ページを見せて説明した。それによると、2013年には約1兆7000 億円相当の株式の売買をしていた。これは東京証券取引所での個人投資 家によるその年1年間の株式の取引の0.5%に相当する。

CISは投資を始めた頃、ネット掲示板で挑発的な発言を繰り返 し、日本のデイトレーダの間で知られる特異な存在となった。昨年、ツ イッターのアカウントを開設、ビデオゲームや投資売買についてつぶや き始めた。フォロワーのうちどの程度がデイトレーダーで、どの程度が CISの売買の後を追って自分もやっているかは不明だ。

ロマネ・コンティ

CISは今回の取引を終えた25日、友人とポーカーをしに行く前に 都内の喫茶店に寄り、売買の詳細を明らかにした。グレーの無地のTシ ャツに、腰にはフランネル地の上着を巻き、iPadで証券口座をチェ ックする。脇には仏ブルゴーニュ地方で生産された高級ワイン、2003年 物のドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティを抱えていた。祝賀用ではな い20万円のものだという。いいワインに目がないという。

「もちろん利益が上がってほっとして正直嬉しいが、今はまだ乱高 下している最中だ」とCISは話す。ギリシャ危機では7億円失ったと いう。

中国が世界経済を減速に陥れるのか、CISには全く分からないと いう。むしろ気にもしない。売買するときには取引量と値動きを見て、 市場の勢いを読む。基本は「売られているものを売る、買われているも のを買う」のだという。

今回の取引開始は8月12日だった。CISは株式市場にしばらく見 なかった動きを察した。主要指数は投げ売りから回復できずにいた。日 経平均の指数先物を売り始める。初日に200枚、その後の1週間半 で1300枚だ。

時間つぶし

大きな賭けだった。名目上の評価で1枚約1900万円の板が1500枚、 つまり日経平均の下落に約290億円を投じたということだ。同指数が100 円動くたびに1億5000万円勝つか負けるかというポジションだ。

市場は数日間、大きな動きがなかった。CISはビデオゲームをし て時間をつぶしていた。21日、相場が下がった。週明け24日には日経平 均は過去2年で最大の下げとなり、先物は1000円以上値下がりし、1 万8410円となった。午後3時の取引終了時には15億8000万円余りの含み 益を抱えていた。

大抵の投資家ならこの時点で持ち高を手じまい、以降の今年の売買 から身を引くだろう。しかしCISは違った。「先物売り増してお散歩 お祈り開始!」とツイッターでつぶやく。

先物をさらに100枚売った。2時間後、もう100枚追加した。日経平 均下落に賭ける持ち高は328億円まで膨らんだ。同指数が100円上昇する 毎に1億7000万円を失う計算だ。

米国のパニック

米国市場が日本時間の午後10時半に開くまでこの取引を続けること にした理屈はこうだ。上海市場の8.5%急落などアジア市場の下落を見 たアメリカの投資家が週末の休みから戻り、パニックになるだろう。米 国市場は下げ、日経平均の指数先物も深夜の取引量が低い中、つられて 暴落するだろう-。

「米国の寄付き前に、すごいみんな恐怖で売るんじゃないかという ことで、ちょっと狙っていた」とCISは話す。

予想通り、ダウ工業株30種平均は取引開始直後に6%以上下落し た。日経平均先物は再び急落、午後3時の取引終了時の水準から1250円 下げた。自宅で寝巻姿のまま、CISは先物売りのポジションをようや く解消した。この時点での利益は33億円だった。

しかしパニックで儲けるべき金はまだ残っていた。一部投資家はそ の夜、日経平均1万500円割れに備えたオプション商品に対し、多額の プレミアムを払う意図を示していた。その水準は約40%の大暴落にあた る。CISの目には、こうした投資家はほとんどありえないことに対し て保険を買おうとしていると映った。

底値

CISは喜んでその取引の売り方に回ることにした。これで新たに 3億円の利益。最初の取引が成立したのは、午後10時34分に底値を付け てから10秒以内だった。そこが底値だったと分かるのは、ずっと後にな ってからではあるが。CISは「おいしい」とツイッターでつぶやく。

約1時間後、CISは市場の反発にさらに確信を深め、日経平均の 指数先物を買い始める。その日取引を始めた時の賭けとは逆方向だ。25 日の午前1時までに970枚、指数が上昇すると読んでの賭け、しめて173 億円だ。

さらに寝る前にもう一つ取引を行った。混乱した投資家に売られる オプション、77万円だった。午前1時40分、小銭を稼ぐのをやめた。ツ イッターには「いろいろあってぐったりなので寝れそう。買いポジ1枚 も売らないで明日へ突入!」のつぶやきが送られた。

5時間後、CISはツイッターでつぶやきを再開する。日経平均の 先物指数が1万8000円付近で取引が始まり、徐々に値を戻していった。 午後には全ての買い持ちを解消した。

喫茶店でのCISは、24時間で何十億円も稼いだ男には不釣り合い な冷静さを保っていた。本人にとっては今年の数多くの取引の一つにす ぎないからだろう。

「負けている時はあまりつぶやかないので、勝っているときに言い たくなる」とCISは笑いながら話した。

原題:While Many Panicked, a Japanese Day Trader Made $34 Million(抜粋)