NY外為(28日):ドル上昇、FRB副議長が米経済は良好と発言

更新日時

28日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)のフィッシャー副議長が米経済の改善ペースを示すリポートには「目を見張るものがある」と述べたことから、世界的な市場のボラティリティにもかかわらず、年内に利上げが実施されるとの観測が強まった。

  ドルは週間ベースで円を除く主要10カ国(G10)通貨すべてに対して上昇。他の米金融当局者らも市場混乱には留意しているものの、米経済は利上げが正当化される程度に力強いとの考えを示した。

  ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「ドルはユーロと円の両方に対して非常に魅力的に見える」と話した。フィッシャー副議長のコメントについて、同氏は「9月利上げの確率が実際のところ高くなったことを示唆している」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロで前日比0.5%高の1ユーロ=1.1185ドル。週間ベースでは1.8%高と、7月17日以来の大幅上昇。ドルは対円で前日比0.6%上げて1ドル=121円71銭。週間では0.3%安。

  引き締め開始後の実効フェデラルファンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定を基にすると、12月の連邦公開市場委員会(FOMC)かそれより前に利上げが決定される確率は59%として金利先物市場は織り込んでいる。25日時点の46%から上昇した。9月FOMCでの同確率は38%。25日時点では26%だった。

「一段と堅調」

  ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリスト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「米国のファンダメンタルズに焦点が絞られるにつれ、ドルは一段と堅調になるだろう」と述べた。

  商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファンドなど大口投機家によるドルのネットロングは25日までの1週間に32万6990枚と、7週間ぶりの低水準となった。前週は38万3762枚だった。

  米商務省の発表によると、7月の米個人消費支出(PCE)は前月比で0.3%増。ブルームバ ーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.4%増だった。賃金・給与は0.5%増と、昨年11月以来で最も伸びた。

  セントルイス連銀のブラード総裁やクリーブランド連銀のメスター総裁などのFOMC当局者らは、米経済の累積的な伸びは力強く、こうした状況は続くとの見通しを示した。最近の市場の動きを重視する姿勢も示した。アトランタ連銀のロックハート総裁は今月に入ってリスクは高まったものの、米経済の動向は「極めて堅調」だと話した。総裁らはカンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムが開かれているワイオミング州ジャクソンホールでインタビューに応じた。

  フィッシャー副議長は米経済専門局CNBCとのインタビューで、9月利上げの選択肢を残した。  

原題:Dollar Rises as Fed’s Fischer Says U.S. Economy Working Well(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE