スイス中銀総裁:為替市場への介入準備あるとあらためて表明

スイス国立銀行(中央銀行)のヨルダン総裁 は、為替市場に介入する用意があるとあらためて表明した。マイナス金 利の政策が通貨フランを押し下げるのに役立つだろうとの見解も示し た。

ヨルダン総裁は28日、米ワイオミング州ジャクソンホールで開催の カンザスシティー連銀主催シンポジウムで講演。準備原稿によれば「ス イス中銀の金融政策が徐々にフラン下落を促す見込みだ。さらに、必要 であれば外国為替市場での行動を続ける方針を、中銀は既に明確にして いる」と言明した。

スイス中銀は今年1月、ユーロに対し3年前から適用していたフラ ンの上限を撤廃して市場を驚かせ、フラン急騰を引き起こした。投資家 がフラン保有を減らすことを促すため、中銀預金金利はマイナス0.75% まで引き下げている。また、フランの過度の上昇を阻止するための介入 の用意があると繰り返し表明している。次回の政策決定は9月17日の予 定。

ヨルダン総裁によれば、スイスでインフレ期待は「しっかりと抑 制」されており、中期的な物価安定を確実にする中銀のコミットメント への信頼が揺らいでいないことを示している。今年のインフレ率につい ての中銀予測はマイナス1%。中銀は17日に最新予想を示す。

原題:SNB Ready to Intervene in Foreign Exchange Markets, Jordan Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE