中国:株価指数先物の信用取引の証拠金を引き上げ

中国当局は株価指数先物の信用取引の証拠金比率を30%に引き上げるとともに、「異常な取引」と見なされずに注文できる建玉数を引き下げた。

中国証券監督管理委員会(証監会)の報道官による28日の説明によると、CSI300指数、SSE50指数、CSI500指数の先物のそれぞれについて100枚を超える建玉注文は、8月31日から「異常な取引」と見なされる。これまでの基準は600枚を超える建玉だった。証監会はこれまでに22件を公安当局に報告しているという。

原題:China Increases Margin Requirements on Stock-Index Futures(抜粋)