8月ユーロ圏景況感、予想外の改善-中国やギリシャ懸念響かず

ユーロ圏の8月の景況感指数は予想に反して 前月から上昇した。中国発の市場混乱やギリシャの政情不安再燃の影響 を寄せ付けなかった。

欧州連合(EU)の欧州委員会が28日発表した8月のユーロ圏景況 感指数は104.2と、前月の104.0を上回った。ブルームバーグがまとめた エコノミスト調査では中央値で103.8への低下が見込まれていた。

消費者信頼感指数はマイナス6.9と、7月のマイナス7.2(改定)か ら改善。サービス業の景況感指数は10.2と、前月の8.9を上回った。一 方、鉱工業の景況感指数はマイナス3.7と、前月のマイナス2.9から悪化 した。

原題:Euro-Area Confidence Unexpectedly Rises Amid Market Tumult (抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE